びっくりするほどシミに効く成分とは?

シミができる過程については理解されたでしょうか?

メラノサイトでチロシンが生成され、それがチロシナーゼという物質によってメラニンへと変化します。

このメラニンが沈着してしまうとシミになるわけですが、このチロシナーゼの働きを阻害することでメラニンが生成されるのを防ぐことができます。

この働きを持つのが美白成分と呼ばれているものです。

ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキスやトラネキサム酸など、こうした成分は美白化粧品と呼ばれる化粧品に含まれています。

こうした成分の中でも、今最も効果が高いとされているのがハイドロキノンです。

みなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

実はこのハイドロキノンと呼ばれる成分は、ビタミンCやアルブチン、コウジ酸に比べて100倍以上の美白効果があると言われているのです。

数字だけ見てもすごい効果ですよね?

シミ対策をする身とあっては、ハイドロキノンは必ずおさえておいたほうが良い成分です。

それでは、ハイドロキノンについて見てみましょう。

ハイドロキノンとは、チロシナーゼの働きを妨げることによってメラニンの生成を抑える成分です。

同時にメラノサイトそのものも減少させるので、シミの解消には非常に効果的です。

シミ改善の効果の高さから、お肌の漂白剤などと呼ばれることもあります。

ビタミンCなどに比べ非常に高い効果があるため、アメリカではハイドロキノン配合の化粧品や治療薬の中でも濃度が2%以上のものは市販できず、医師の管理のもとで処方されます。

日本で市販されているものは2~4%の濃度のものが多いようです。

非常に高い効果が期待できる分、副作用にも少し気をつけなければいけません。

日本では2%以上のものも容易に入手することができますが、濃度が高いと刺激となり赤みやかぶれが出る場合もあります。

また、メラニン生成の機能を失った皮膚に白斑が出る場合もあります。

濃度の高いものの方がより白斑が出る危険性も高くなります。

自己判断で使用する場合には、アメリカでも市販が認められている2%以下のものから始めるのが安全と言えるでしょう。