シミには種類があるって知っていますか?

肌に現れてしまえばどれも同じく憎いシミですが、実は種類があって、できる原因も違うことをご存知ですか?

一番多いのは老人性色素班と呼ばれるもので、「日焼け記憶じみ」

とも呼ばれます。

若い頃に浴びた紫外線によるダメージを細胞が記憶してしまっていることが原因になります。

一番有効な対策は若い頃からきちんと紫外線対策をすることです。

続いては炎症性色素沈着、別名「肌荒れ記憶じみ」

です。

ニキビや傷などの炎症が色素沈着するのが原因です。

若い頃はすぐに跡が消えていても、歳を経るにつれニキビ跡が消えにくくなったりしますよね。

ターンオーバーの機能が衰えてきたことにより跡になりやすくなるので、こうしたシミの場合はピーリングなどでターンオーバーを促進すると改善することがあります。

強烈に日焼けしてしまったことによりできるシミは花弁性色素班と呼ばれます。

この場合、メラニンが真皮まで到達してしまっているので美白化粧品などでは改善できません。

こまめに日焼け止めを塗り直して予防に勤しみましょう。

シミの中でも、遺伝の要素が強いのがそばかすです。

目の下にできる細かいシミですね。

漢字では「雀卵斑」

と書く通り、雀の卵の模様に似ていることから名付けられました。

色白の人に多く、10代に出来始め、紫外線などの影響で広がったり濃くなったりと変化します。

同じく目の下に現れるシミで、左右対称にぼんやりと現れるものを肝斑と呼びます。

肝斑が現れる理由は分かっていません。

ただ妊娠中に現れたり、閉経すると治ったりすることから女性ホルモンが関係しているのではないか、と言われています。

肝斑には、トラネキサム酸という成分が有効であるとされています。

トラネキサム酸とはメラニンの生成に関わる伝達物質を阻害する働きがあり、これを長期にわたって服用することで薄くすることが可能です。

このように、シミにはいくつも種類があり、原因もさまざまです。

予防、対策をするのであればきちんと仕組みや種類を理解して、どのようにしてできたのか、何が有効なのかを考えた上で行うことが大切なのです。