シミに効く飲み薬の成分

予防はもちろん、できてしまったシミにも効果的に働きかけてくれるのが飲み薬の良いところです。

では、どんな成分がシミの解消に有効なのでしょうか?

代表敵なのは、アスコルビン酸です。

いわゆるビタミンCです。

アスコルビン酸のすごいところはなんといっても、メラニンに働きかけてメラニンを無色化してしまうところです。

つまり、既にできてしまったシミを改善する働きがあるということですね。

同時にメラノサイトに働きかけ、メラニンの生成を阻害します。

ですから予防にもなるわけです。

それだけではありません。

実はこの成分、活性酸素にもアプローチしてくれるのです。

活性酸素とはお肌を老化させる成分ですので、アンチエイジングとしての効果も期待できるわけですね。

また、アスコルビン酸はコラーゲンの生成にも関わっています。

お肌のハリや弾力に欠かせない成分ですね。

このようにアスコルビン酸は嬉しい効果がたくさんなのです。

シミへの対策としてだけでなく、美肌のためにもぜひ取り入れて欲しい成分です。

アスコルビン酸に次いで効果が高く人気なのが、L-システインです。

L-システインはアスコルビン酸と同様にメラノサイトからメラニンが生成されるのを防ぎます。

さらに、余分に生成されてしまったメラニンを無色化する働きもあります。

また、L-システインには肌の代謝を上げる働きもありますので、メラニンが沈着してしまう前に体外へと排出してくれるのです。

こちらはニキビや肌荒れの改善にも効果があるので、アスコルビン酸同様積極的に取り入れたい成分です。

肝斑などに有効であると最近注目されているのがトラネキサム酸です。

紫外線などが原因であるシミと違ってホルモンが関係しているとされる肝斑は一般的な対策では治りにくいものですが、トラネキサム酸は優秀な美白効果があり、メラノサイトからメラニンが生成されるのを防ぎますので、肝斑などのシミにも有効な対策として今注目されているのです。

このように、成分によっても効果はさまざまです。

飲み薬を選ぶ際には配合されている成分を見てから選ぶようにしましょう。